ぎっくり腰ではないけど激しい腰痛の症例

症例「30代男性」
主訴:腰の強い痛み

治療:肺を中心にした治療

1回治療をおこない改善、その後の来院はなし
知人からの話では治療後の翌日から痛みはなく動けるようになったそうで、問題なく仕事が出来るようになったそうだったが、3週間ほどで再発したとのことでした。
治療を独断で止めたための症例
(再発すると、次に治療してかなり治りにくい)

【未病治が大切】
テストで赤点が決定したあとで、足掻いてもやれることはほぼありません
予めテスト勉強をして留年しないようにしなければいけない。
身体も同じで未病を治すことが大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA