難経「第六十五難」井穴・合穴の出入りの意義を論ずる。

「医学経典では、出る所を井とし、入る所を合とする。と述べているがその理論的な根拠はなにか?」

・出る所を井としているのは、春に万物が発生しはじめるように、経絡の気が井穴から発生し始めたことをたとえたものである。
入る所を合としているのは、冬には陽気が収斂して内蔵されることにたとえたものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA