おなかがいたくなるまえに

さく・え かしはら たまみ

わたしは難しいことが大嫌いである。

なので、わかりやすく読めて、さらに色々な人に伝えられる本を探してたら、見つけた絵本がこれである。

内容は、未病や養生ってなーに?という内容で
主人公の男性と体をまもる衛気(えき)くんとの会話を中心に話は進んでいく。

少し子供には難しい点があるかもしれないが、とってもわかりやすく東洋医学の未病に関してまとめられている絵本である。

大人が読んでも勉強になる

わたしはこれくらいのレベルの書籍が簡単なので一番好きである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA