日本鍼灸の診断学

編著:有馬義貴 森洋平

この書籍を簡単に言うと、手元に持っていて東洋医学的な診断を疑問になったときに気軽に開けるハンドブックみたいなものである。

ものすごく細かな写真があるわけではないが、簡単なイラストも入っていて、簡単に上手にまとめられている。
昔、学生時代に使っていた東洋医学概論よりは圧倒的に読みやすい。

あくまでも診断学の書籍であるので、ツボの配置などは一切書いてはいない。
簡単な辞典としても使える。

値段もそこまで高くないので東洋医学の鍼灸を目指すのであれば、一冊持っていて損はないかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA